精力剤、主に男性の性機能をより高めるための薬は日本のみならず世界中で開発される物となっています。

精力剤を使う側も国産のものから海外製のものまでさまざまな選択肢から利用する薬を選べるようになっているわけですが、ここで少々気になるポイントとなるのが「国産と海外製はどう違うのか」というところだと思います。

海外の精力剤

もちろん国産は日本で作られたもの、海外製は海外で作られたものという違いはあるでしょうが、そういったところではなく効果の違いなどは多くの人にとって気になることです。
特に最近ではインターネットの普及もあって、これまでは店頭に並べられていなかったような精力剤についても、個人輸入代行を利用して一般消費者が購入できるようになりました。

しかし自分に合った商品を選ぶには当然ながら相応に情報を仕入れていなくてはなりませんし、そもそも安全かどうかすら判断できないような情報で商品を購入しようとすることは非常に危険なことですから、行うべきではありません。

今回はこの国産の精力剤と海外製の精力剤の効果の違いなどについてまとめました。

国産精力剤の特徴とは

まず国産の精力剤について!

現在、日本国内の精力剤はドラッグストアやコンビニなどで販売されているほか、バイアグラのようなEDを治療するための効果がある物については病院でも処方されるようになりました。

国産の精力剤の特徴として挙げられることとしてはいくつかありますが、重要なポイントとして考えなくてはならないのは「日本国内で使用することを想定している」というところです。

日本国内で使用することを想定しているので、日本人の体格にあった成分量が使われており、また日本国内法で禁止されたり制限されたりしているような成分に関しては使用することが出来なくなっています。

そのため法律に違反して作られているような物でも無い限り日本人は安心して使うことが出来るとして考えられ、メーカーも国内にあるので入手も比較的簡単です。

もちろん指定された使用量をオーバーして使ったりしてしまうと特徴である安全性も意味を成しませんが、迷った時やどういった商品を買えばいいかわからない時の一つの指針にはなるでしょう。

海外製の精力剤の特徴とは

続いて海外製の精力剤について!

この海外製、つまりアメリカやヨーロッパ、アジアといったような国々で作られるものの特徴ですが、重要なのは「日本人の利用だけを想定しているわけではない」というところです。

例えばアメリカという国に住む人は一般的に日本人よりも体格が大きいとされていますが、これは薬を処方する際の量に関係してきます。

薬は体重に比例して使用量が異なるわけですから、アメリカやヨーロッパのように日本人よりも体格が大きい人が主な地域になると精力増強などの効果が出る成分が多く入っていると考えられます。

また日本国内の法律に従って作っていないので、日本国内では医薬品成分として指定されているため医薬品以外には使えない成分が精力剤に使われている可能性もあります。

これらのことはメリットと言うよりはデメリットと言うべきでしょう。

効果が出すぎてしまうと健康被害に繋がることもありますし、医薬品成分は本来注意して使用するべきものです。

海外製のものはハイリスク・ハイリターンの精力剤として考えられます。

リスクも考えて!個人輸入代行の精力剤の注意点

海外の精力剤の人気も根強く、精力剤の個人輸入代行は今でも人気の高いものになっています。

日本国内ではインターネットが普及してから個人輸入を依頼する人の数も増えています。

実際のところ個人輸入代行自体は違法なものではなく、一定の条件を満たしてさえいれば使うことが咎められることはありません。

具体的な条件としては例えば「個人で使用することを目的としている」や「個人で消費するという目的において合理的な量である」などのことが出てくるのですが、基本的には精力剤であれば量が一ヶ月以内に使いきれる量であれば問題ないとされることが多いようです。

精力剤のリスク

しかし個人輸入代行で精力剤を買うということは非常に大きなリスクがあるということは知っておかなくてはなりません。

特にバイアグラやレビトラといったような、日本国内では処方箋が無いと購入できないような薬を「精力剤だ」として考えるのは非常に危険だと言えます。

今回はこのリスクや、リスクをなるべく小さくするために心得ておきたい注意点について説明していきます。

偽物の精力剤で被害が出たケース

偽物の精力剤で被害が出たケースとしてはどういったことがあるのかというと、最も重要なのは2008年にシンガポールで発生した偽物のバイアグラによる被害です。

ここではバイアグラを模して造られた偽物の精力剤によって40人に低血糖による昏睡などの明らかな被害が出て4人が死亡、そしてその死亡者のうち2人はこの偽造精力剤が死の直接的な原因だと明らかになりました。

こうした事故が日本で発生したという報告はまだほとんどありませんが、個人輸入によって国内に持ち込まれた精力剤の中にも偽造品は相当紛れ込んでいると指摘されていますし、厚生労働省は個人輸入で取り扱われる精力剤の中に「本来使用に注意が必要な医薬品成分が無断で使用されているものがある」として指摘をしています。

使用されている医薬品成分にもよりますが、成分によっては他の薬剤との併用で命に危険が及ぶ可能性もあります。

個人輸入であれば安く薬が買えるということは事実ですが、その事実だけが一人歩きしている現状は非常に危険であると言えるでしょう。

安全な個人輸入代行業者を見抜くポイント

「安全な個人輸入代行業者を見抜くポイント」は正直なところほとんど有りません。

もちろん、個人輸入代行を請け負っている実績のある大手業者であれば、それなりに安全性は高いとして見ることが出来ます。

ですが大手が輸入をしていたとしてサプリを販売する海外の業者がその大手業者すら騙している可能性があることを考えると、「大手は100%安全」とは言い切れないわけです。

だから利用するなということは言いませんが、個人輸入を利用する以上、どこであってもリスクはあります。

精力剤の個人輸入代行を利用するのであればリスクを少しでも小さくするために、精力剤の利用に際しての注意点をしっかりと書いている業者や、もしトラブルがあった時に連絡できる国内の電話番号や事業所の住所を明記している業者を選ぶということが重要になります。

特に精力剤など体に変化をもたらす以上、利用に際して何らかの注意点はあるはずです。

この注意点を書いてすらいないということになると非常に「怪しい」ですから、そこは利用しないようにしましょう。

 

おすすめの記事