明日からでも自宅で出来る勃起力アップ!

正しいスクワットの方法を紹介します!

 

薬やサプリに頼りたくない!運動も取り入れて相乗効果で早く精力・勃起力を取り戻したい!

そんな方への参考になればと思います。

 

こちらでは正しいスクワット方法も含め自宅でできる4つの勃起力改善方法をまとめています。

 

一番効果のある勃起力維持と勃ちを良くする正しいスクワット方法!

ペニスのたちが悪い、持続力がないといった勃起力の低下効果的な筋トレと言えばスクワットです。

 

なぜスクワットが勃起力強化に効果があるのかは、ペニスは4分の1が骨盤底筋という骨盤の下に張り巡らされている筋肉群の中に収まっています。

つまり残りの4分の1だけのペニスを骨盤底筋で支えている状態です。

 

骨盤底筋群について、勃起するときにはペニスの海綿体へ流れる血液の量を増加してペニスを勃たせます。

血液で満たされた状態のペニスを維持するために骨盤底筋群が血流でパンパンになったペニスの根元をギュッと絞り込んで血流が流れ出るのを抑える重要な役割を担っています。

ペニスが中折れする男性

 

 

例えると風船に空気を吹き込み口をしっかり絞ると、風船は大きく膨らんだ状態を維持しますが、絞りが緩いと次第に空気が抜けてしまい最後にはしぼんでしまいます。

これがペニスでいうところのたちが悪い・中折れ・フニャチンです。

 

なので、勃起力を強化するには骨盤底筋群を鍛えることで、ペニスの根元を絞り込む力を強化して血液が漏れないようにすることが大切です。

そして、骨盤底筋群を鍛えることが出来る唯一の筋トレがスクワットです。

 

 

勃起力維持、勃起の立ち具合いの増加に正しいスクワットの方法

勃起力強化のためとスクワットをする前に間違ったやり方をしてしまうと、せっかくつらい思いをして頑張っても効果的な結果を得ることが出来ません。

ここでは、勃起力を上げるために効果的なスクワットの方法を紹介します。

勃起力を上げるトレーニング

勃起力強化に正しいスクワットの姿勢

・足の幅は、肩幅と合わせる
・つま先は、膝の方向と一緒にする(がに股や内股にならない。)
・両手は頭の上、若しくは方の高さに併せてまっすぐ伸ばす

 

勃起力強化に効果的なスクワット方法

・背筋を伸ばした状態で、おしりから落とすように腰を下げていく
・腰を下ろすときには、膝がつま先より前に出ないようにする
・おしりを後ろに持っていくようなイメージで
・太ももが床と水平になったら腰を上げる

 

効果的で無理しないスクワットで勃起力を上げるポイント

スクワットをする時のポイントは、太ももでなく股間周りの筋肉を意識して行うと良いです。
無理をすると腰を痛めるので、初めは回数を抑えて徐々に回数を増やして行きましょう。

勃起力増加の理由は、筋トレ効果だけじゃない!スクワットのメリット

スクワットをすることで、ペニスを支える骨盤底筋を鍛え、更にペニスに充填された血液の流出を食い止めるペニスの目元を絞り込む力を増加させることは分かったと思います。

スクワットにはそれ以外にも勃起力に効果的な理由があります。

 

勃起力低下には血流悪化も原因の一つです。

血行不良

40代以降の中高年男性は運動をすることも減り、身体を動かすことで血流を良くする機会がぐっと減ってしまいます。

仕事においてもデスクワークが多くなり、椅子に座っている時間も増えて、血流にとって更に悪い環境となってしまいます。

 

そんなことに対してもスクワットをすることで、体全体の血流を良好なものにして結果、下半身への血流改善にも期待できます。

 

勃起力についてペニスを支える骨盤底筋を鍛えることで芯から強度をあげて、血流が良くなることでより血の巡りが良くなり、ペニスの幹だけでなく亀頭部分まで張りが出てくる一石二鳥の自分でできる勃起力アップトレーニングです。

 

こんな男性は、スクワットの前に精力を高めるのがベター

スクワットが勃起力アップに良いのはわかるけど、しんどいから毎日続きません!

そんな方には、ちょっとかわった「徳田式メソッド」という自分でも勃起力を上げる方法も試してみるのも良いかもしれないですね。

>>最短15分で勃起力アップ!徳田式メソッド

*一部アダルト的な内容もありますので、18才未満の方はクリックしないでください。

 

また、勃起というのは性的刺激に反応しないと勃起が始まりません。

更に勃起のメカニズムは、性的刺激を受けると副交感神経からの勃起信号によって、体内で作られた一酸化窒素により、サイクリックGMPという物質を生成し、そのサイクリックGMPの作用によって平滑筋が弛緩ならびに血管が拡張されます。

するとが陰茎海綿体に十分な血液が送り込まれアソコがカチカチになります。

 

つまり健康体の方は、つらいスクワットでも毎日頑張ることで硬い勃起力を回復することが出来ますが、、性欲がわかない・加齢により血流が悪い・勃起メカニズムの能力(平滑筋の弛緩ならびに血管拡張)が低下している方、そもそも鍛える筋力が衰えきっている中高年男性の場合、幾ら頑張っても健康的な男性に較べて努力が結果に表れにくいです。

 

例えば、こんな精力低下の男性です。

・疲れがたまって性欲がわかない
・喫煙や不規則な生活を送っている
・運動不足で体力がない
・朝起ちがなくなった
・性欲あるがアソコが反応しない
・途中で中折れしてしまう
・高齢の方

 

まずは食生活の改善や生活習慣の見直しや精力剤などを活用して男性機能を回復してからスクワットによる勃起力アップに取り組むことが、頑張ってスクワットをした努力が無駄になりません。

ペニスの勃起が良い

おすすめの記事