若い頃は、連れ同士で右手を広げて「オレまだ10代やで!」なんて事をいってましたが、まさか自分が下半身の元気をなくしてしまうなんて想像していたでしょうか!?

勃起力が低下した画像

 

40代になると勃起した時のペニスの硬さが弱くなったと思う中高年男性も増えてくる年代です。

 

勃起の硬さが低下する原因は、老化によるものから飲酒や喫煙など生活習慣による血管の劣化など人それぞれですが、硬さの減少量も人それぞれです。

 

ペニスの硬さが落ちてきたと思う男性には、

・勃起した時の角度が落ちてきた
・亀頭の硬さがなくなってきた
・半勃起状態で射精してしまう
・挿入中に萎えてきてしまう
・性欲があるのに硬くならない

 

というように勃起力低下の度合いは違ってきます。

 

そんな時に考えるのが、同僚や周りの同じ年代の男たちは勃起力が衰えてないのだろうか?

今でも現役バリバリで、毎日夜をこなしているのだろうか?

 

若い頃は、お互いに見せ合って自慢し合ったころもあったかもしれませんが、40代にもなるとそんなことも出来るわけない。

自分のペニスの硬さが、世間とくらべてどれくらいの元気度なのか、判る手段はないのでしょうか?

 

オレの下半身はどれくらい元気をなくしてしまっているのか?

勃起力が健全な男性と自分の勃起力を比較した時。にどれくらい男性機能が落ちてきているのか知りたいと思いませんか。

 

若い頃は、ペニスの起ち具合いを知るときは、右手を広げて起ち具合いを比較していましたが、ペニスの硬さを知るには「勃起の硬さスケール(日本語版EHS)」を使います。

この方法は、元はアメリカで開発された個人で勃起の硬さをある指標を用いて判断できる方法で、病院に行かずに自分の勃起の硬さを判断できる簡易な測定方法です。

勃起力が強い男性

この方法を日本人向けに作られたのが「勃起の硬さスケール(日本語版EHS)」。

実際に病院でED診断の1つの要素として、活用されているので、目安としては信用できる勃起の硬さをしる方法になります。

勃起の硬さスケール(日本語版EHS)は、硬さの程度を5段階に分けて、勃起した時の硬さを照らしあわせ、自分の勃起の硬さを知ることができます。

 

硬さのセルフチェック

あなたは自分の勃起硬度をどのように評価しますか?

・グレード0:陰茎は大きくならない。
・グレード1:陰茎は大きくなるが、硬くはない。
・グレード2:陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない。
・グレード3:陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない。
・グレード4:陰茎は完全に硬く、硬直している。

セルフチェックは、自分で判断せずに勃起の硬さを客観的に理解することが出来るのがポイントです。

勃起の硬さスケールで気になることがあれば、医療機関に相談したり、精力剤の利用や生活習慣を見直すキッカケを作ってくれます。

引用:ファイザー製薬(勃起の硬さ指標 EHSとは)

勃起の硬さで問題なし!でも既に40代、EDになる不安があるならこれもチェック!

いまのところ勃起力については、大丈夫!でも、数年前と比べればなんとなく衰えがきになる。

そんなときは、ED問診票であるSHIMスコアというもので、自己チェックすると良いですよ。

 

こちらの判断方法は、、

・勃起中のの持続できる時間の自信度は?
・奥さんや彼女と性行為によって、ペニスが元気になった時、挿入までの硬さになるのか?
・SEX中に中折れするする頻度は?またその時の硬さは?
・性行為中、最後まで勃起は維持できた?
・SEXに対して、どれだけ満足できた?

このような項目に対して、自分の経験を5若しくは6択の回答の中から選んでいくだけ。

 

それぞれ自分が選んだ回答に点数があり、その合計点数により、自分のEDレベルが判る仕組みです。

 

こちらは、いくつかのサイトで実際にチェックすることができるので試してくださいね。
↓参考:ファイバー製薬
http://www.ed-info.net/check/iief5/index.html

 

当サイトでは、精力剤やサプリメントを紹介していますが、診断結果重度のEDであれば、専門のお医者さんにまず診察してもらうようにしましょう。

その後完治して、再びEDにならないように健康維持も兼ねて、勃起力維持のために精力剤を利用するのも良いのではと思います。

 

40歳の私は、勃起力とEDチェックは、グレード4で25点満点!

私もこれでチェックしたのですが、今のところ文句なしの「グレード4」で毎晩ビンビンです!

EDのセルフチェックも25点満点で「正常」で、勃起不全の心配なし!

自分のED自己診断結果

 

ちょっと前までは、EDの疑いまでは行かなかったですが、勃起力には自身を失いかけていました。

ですが、それから毎日精力剤を飲んでいることが、良い結果につながったと思います。

 

なので、ちょっとでも勃起不全や勃ちの悪さが気になったら、一度今回紹介したセルフチェックを利用して、結果があまり良くなかったら、日常性活の改善であったり、運動するなど精力剤以外でも自分で改善できることはあると思いますので、積極的に取り組んでみてくださいね。

 

これってED?勃起するメカニズム

ED(勃起不全)は、パートナーから受けるプレッシャーといった心理的なものが原因と考えている男性は少なくありません。

原則的には精神的・メンタル的な要因も存在しますが、それのみならず糖尿病・血圧が高い・喫煙の習慣、飲酒の習慣であったり、不規則なライフスタイルから、EDが発症するケースがあります。

 

勃起のメカニズムは、性的刺激を基点として神経を介して勃起のシグナルといったものが発せられた場合、陰茎海綿体の動脈が開放して血液が巡ります。

海綿体というのはスポンジと似たようなもので血液を吸収してそこに蓄えることで、ペニスが膨らんでカチカチの状態となります。

下半身がカチカチ

この状態が勃起した状況になりますが、好ましくない生活スタイルといったものが起因して、勃起作用に必要となる動脈の開き方が中途半端であれば、
血の巡りが不足してEDを引き起こすことになります。

 

なぜ高血圧や糖尿病の方にEDが多いのか?

具体的に言うと、糖尿病を発症すると、血管や神経が異常となるため、血管が凝り固まったり、性的刺激で起こる血管の拡張が生じなかったりして、血流を減少させる事になります。

糖尿病の病を患っている方にしては日頃の生活の苦悩についてはEDや性欲後退を訴える男性が一般的だとされています。

 

あるいは、普段から血圧が高い男性では、血圧が上がると血管にストレスが増えるため、血管がダメージを受け硬く狭まります。

このことから血圧が高い男性は、ペニスへの血の巡りを低下させてしまい勃起力が低下してしまうと言われています。

 

また、生活習慣病は、年を経るにつれて発症する確率が上昇していきます。

高血圧症の病を患っている方は1,010万人、糖尿病の病人は1,000万人もいると公表(H26年度調査)されています。
引用:日本生活習慣病予防協会より

そんな状況であって、高血圧症や糖尿病患者さんの数に等しく、EDで悩む男性もたくさんいるという訳です。

 

EDを根本から直すなら、すぐ勃起薬に頼らずに生活習慣の見直し

EDが起きる原因に限定されることなく、ほとんどのEDは改善が困難ではないと言われています。

 

勃たないからと、すぐに勃起薬に頼らずに、まずは高血圧症・糖尿病・喫煙習慣もしくは高コレステロール値といった成人病に関わりのある根本的な原因を見直す事が大切になります。

そのうえで、ドクターと一緒に自分にあったED治療法についてカウンセリングし、効果的なアドバイスを通じて改善方法を取り入れることになります。

 

ただ最近では、ドクターによるED症状のヒアリングないしは体調の把握において問題なければ、心因性若しくは器質性かにかかわらず診断チックという意味で、最初のうちは経口薬を利用して、その効果を観察するという方法ががこのごろの流れとなっているようです。

 

そうは言っても、ニトログリセリンあるいは硝酸剤を基にしている治療を受けている、あるいは必要としている男性の方は摂取が困難となっているので注意が必要です。

特に安いからと個人輸入でバイアグラなどを使用すると非常に危険です。

 

心因性のEDであればカウンセリングも効果的

専任のお医者さんについては、自分自身の病気の状態に関して説明を要求すると考えられます。

EDの症状はどの程度の年数続いているのかといったヒヤリングといったものが通常はされていると聞きます。

 

他には、簡単な身体検査であったり血液検査をされ、身体の具合又は生活スタイルは当然のこと、これ以外のEDが起きる原因が見当たらないか否かをチェックされることもあるでしょう。

EDが生じる原因が喫煙生活もしくはのんでいる薬にあると感じられた場合には、禁煙であったり飲んでいる薬の見直しといったものが欠かせなくなることもあり得ます。

 

それに加えて、メンタル的な原因となっている状態なら、カウンセリングがEDの改善として作用するになる可能性もあります。

カウンセリングによっては一般的なものと、精神科医もしくは心理学者による深層心理といった深い心理状態にかかわるカウンセリングを実施します。

 

EDの改善に効果のあるED治療薬について

ED改善のためにもっとも即効性のある治療方法は、ED治療薬を用いた治療方法です。

 

ED治療薬については、専門のクリニックを受診する事で入手することが可能です。

勃起薬を使った男性

 

現在の日本には、EDの患者が1000万人以上(1998年調査結果)いると推定されています。
※引用:イースト駅前クリニックより

しかしながら、この1000万人のうち、実際にED治療専門のクリニックにおいて治療を受けている人数は、その5パーセント程度に過ぎないといわれています。

 

ED治療専門のクリニックを受診しない理由としては「忙しい」、「恥ずかしい」などの理由が挙げられています。

 

しかし、ED治療薬は非常に即効性のある治療方法で、ED治療薬を用いるだけでEDの問題は比較的簡単に解決することがほとんどです。

重度の勃起力の低下やEDで悩んでいるようならまずは、一歩踏み出してED専門のクリニックを受診しても良いと思います。

 

いくつもの精力剤を長期に利用しても、改善が見込めないなら、一度、ED治療専門のクリニックを受診する事をお勧めします。

もしかすると、糖尿病であったり、心因性のEDなど、他の原因が見つかることもあり得ます。

 

男性スタッフのED専門クリニックもある。

男性スタッフのEDクリニック

最近では、恥ずかしいと思い、通院に迷っている男性の気持ちも考慮して、ED専門クリニックにはスタッフが男性のみで営業しているというクリニックもあるようです。

このようなクリニックをであれば、ED治療に対しての抵抗感も薄らぐと思います。

 

また、実際にEDの治療薬を用いるには色々な検査が必要になるのではないかと心配する声を聞くことが多くあります。

例えば、

精液を採取して検査をされるのではないか?
実際に性器を医師に診せて色々と検査を行われるのではないか?
といったような心配です。

 

しかし、実際のところED専門のクリニックでの治療は問診が主体となっています。

患者が悩んでいるEDの症状について、細かく問診による口頭確認を行った後は、基本的にED治療薬を処方してもらえる流れとなります。

 

また、この問診についてもそんなに長い時間を拘束されるということではなく、あくまでも症状の確認とED治療薬と併用してはいけない薬の服用が無いかといったようなことを確認するという程度のものです。

 

長い期間、勃起不全で悩んでいるのであれば、ED専門のクリニックの受診も検討してください。

同じ男性として、勃起力がなくなる辛さは、よくわかります。

 

いくら効果が高く、多くの男性から評判が良い精力剤でも、効かない人には効きません。

 

一人でEDの症状に悩んでいるのであれば、勇気を出して一度ED専門のクリニックの門をたたいてみてはいかがでしょうか?

 

勃起不全・ED改善にED治療薬のまとめ

ED改善の治療方法であるED治療薬について興味がある男性は、多いと思います。

 

しかし、意外とED治療薬についての情報が少ないため、ED治療薬を用いることに不安を感じている声が多くみられるのも事実です。

このようなED治療薬についての不安を払拭するために、ED治療薬の情報をまとめてみました。

 

まず、ED治療薬ですが、日本で認可されているED治療薬に使われている主成分は大きく分けて3つの成分になります。

シルデナフィルクエン塩酸
バルデナフィル塩酸
タダラフィル
という3つの成分です。

 

それぞれの成分から、勃起薬の名称も違い、、
シルデナフィルクエン塩酸という成分を使っているもの:バイアグラ
バルデナフィル塩酸という成分を使っているもの:レビトラ
タダラフィルという成分を使っているもの:シアリス
と呼ばれています。

 

ED治療薬の基本的な作用は、強制的に性器の血行を良くするというものになります。

血行が良くなることにより、勃起が促され、正常な勃起のメカニズムが働くようになります。

 

ED治療薬の種類と特徴について

ED治療薬に共通している特徴は空腹時に服用することが求められているということです。

空腹以外の時にED治療薬を服用すると、その効果を最大限に発揮する事は出来ないようです。

 

また、肝機能障害がある人や心臓に疾患がある人などもED治療薬を使用することが出来ないとされています。

 

バイアグラの効果と特徴

ED治療薬の中で最も有名な薬は「バイアグラ」です。

EDに悩んでいない人であっても、このバイアグラの名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

このバイアグラは勃起の持続効果は約5時間程です。

 

現在では、もっともED治療薬として歴史があります。

また最近では、バイアグラのジェネリック薬品も登場しており、より安価に処方を受ける事も可能になってきています。

 

トレビアの効果と特徴
レビトラというED治療薬の特徴は、食事の影響を受けにくいという事と、飲んですぐ効くという即効性があることです。

一般的にバイアグラよりも強力な勃起力の改善効果が見込まれるとされています。

 

最新のED治療薬がシアリス
このシアリスの特徴は、効果の持続時間が36時間と非常に長いということがポイントです。

また、食事の影響を受けずらいというのも特徴なので、利用しやすい治療薬です。

 

バイアグラやレビトラと比較すると、効果は少し弱めですがその分持続力があり、頭痛などのED治療薬による副作用も起こりづらいと言われています。

 

精力剤を使っても勃起力が改善しない男性は、一度ED治療薬を試してくださいね。

いつもより大きいって!言われたレッドドラゴンサプリの体験です。

おすすめの記事