最近、夫の性欲が落ちて悩んでる方に亜鉛の成分はおすすめです!

 

亜鉛の効果には、

・夫の精子の量を増加する効果
・夫の落ちた性欲を向上
・精子の量が減って射精時の放出感不足の解消
勃起しても射精しない悩みを改善
・夫とのセックスが少ない悩みを解消
性欲の無い夫の性欲アップ
など、男性の性欲増進や精子の量を増やす働きに期待できるのが亜鉛の効果です!

亜鉛は、男性不妊治療にも利用されているそうで、栄養機能食品として認められています。

 

オススメの亜鉛の特徴は?夫との子作りに!

亜鉛は、サプリメント(栄養機能食品として許可されている効能が期待できる成分です。

 

特に男性の精力にとっては、性腺機能低下の予防に必須のミネラルとなっています。

*性腺機能低下とは、男性の精巣機能が正常に働かないこと。

 

亜鉛の特徴としては、「体内に存在する200種類以上の酵素が正常に働くためのサポートをしてくれる作用」があり、体内で多様な生理機能に役立ってくれています。

亜鉛のサプリ

亜鉛は骨の中に多く存在して、体液では精液中に多く含まれていおり、日常の食事では男性(30~39歳)が8.0mg程度しか摂っていないそうです。
*データは、H27年「国民健康・栄養調査」調査概要p37によります。

 

精力旺盛でいつまでもセックスを楽しみたい!と思っている男性でも30歳~49歳の場合は、亜鉛の1日の推奨摂取目安は、10mgとのことなので不足気味になっています。

※データは、日本人の食事摂取基準(2015年版)P35によります。

 

亜鉛をサプリとして補給出来るのは、2.1mg~15mg。

精力剤で亜鉛を摂るなら、10mgを目安に補給するのが良いですね。

 

 

精子を増加させる効果で注目される亜鉛サプリ

近年、精力低下に伴って勃起機能の低下などのいわゆるEDに悩む男性が増えています。

実はその主な原因の一つに亜鉛の摂取量が低いという事が挙げられるのです。

 

亜鉛は元々、セックスミネラルと呼ばれる程、生殖機能の発育や維持に高い効果を発揮してくれるミネラル成分として知られています。

また、精力低下の原因である精子の減少を改善し、精子の数を大きく増加させてくれるだけでなく、味覚障害、肌荒れ、ニキビ、成長障害などの数多くの症状を改善してくれる効果を持っています。

元気な精子

それだけに、この亜鉛は人体に必須となる成分の一つなのですが、体に吸収されにくいという特徴を持ち、それに加えて日本人の亜鉛摂取量が必要摂取量に全ての年代が満たしていないという調査結果が出ています。

 

これによって精子の数も増加もせず、それが原因で精力が低下して生殖機能が衰えてしまい、勃起不全などに悩む方が増えているのです。

 

これを補おうとすれば、食生活で亜鉛を摂取する努力をしなくてはならないのですが、毎日、食事で摂取する事は難しく、忙しさや面倒臭さなども相まって、もはや食事だけで必要量の亜鉛を摂取し続けていくのは非常に困難であるといえます。

 

そこで最近は亜鉛サプリなどでお手軽に摂取する方法が注目されています。

 

亜鉛サプリの種類自体は何種類も存在し、中には1日の摂取目安量(日本人の成人男性:10mg・成人女性:8mg)を大幅に超える30mg、60mgという重量タイプの商品も存在します。

 

亜鉛サプリを選ぶ際に特に重要なポイントとして、天然素材を原料としているか、含有量が多く含まれているか、サプリ自体に添加物や着色料などが含まれていないかという事が挙げられます。

安全面を考慮した場合、やはり天然由来の素材を原料としているサプリが望ましく、発達障害やガンの原因となる着色料・添加物が含まれるサプリは避けたいところです。

 

含有量についても、多く含まれていれば、それだけ体への吸収率が上がり精力改善効果も見込めますが、過剰摂取だけは十分注意しましょう。

 

食事以外から亜鉛を摂取する亜鉛サプリの適正摂取量と副作用

男性も年齢を重ねてくると、体力の衰え以上に精力の衰えを認識する方が早いかもしれません。

そうなってくると、必然的に精力剤などに興味が湧いてくると思います。

 

精力剤や精力関係のサプリメントを調べてみると、そこにはほとんどと言っていいほど、亜鉛が含まれていることにお気づきかと思います。

勿論それ以前に、亜鉛が精力増強に効くということを耳にした人は数多いことでしょう。

 

では、亜鉛は本当に精力増強に役立つのでしょうか?

 

注意しなくてはならないのは、いわゆる性行為の前に飲むなどのような即効性は、亜鉛にはないということです。

 

あくまで、長期的服用の結果として、男性ホルモン生成力の増強や精子生成能力の向上などを通して、精力アップの効果があるということなのです。

ですから、短期的はともかく長期的に見れば、亜鉛に精力増強効果は間違いなくあるわけで、亜鉛を摂取することは、精力アップのための正しい選択であることもまた確かなわけです。

 

特に亜鉛サプリなどは、価格も比較的リーズナブルですので、精力剤や精力関係のサプリの中では敷居が低いものと言えます。

今すぐにでも始められる方法と言えます。

また、人体にとって亜鉛は必須ミネラルではありますが、多くの量を必要とするミネラルではありませんので、摂取量はそれほど必要がないことにも注意が必要です。

 

ただ、日本人は、亜鉛の日々の摂取量が必要な量に達していないとされ、食事から摂るのが理想的ではありますが、食事以外の亜鉛サプリメントから摂ることは正しい行動と言えます。

 

一方で、微量で足りる以上は、必要以上に摂取すれば問題が出てくる可能性も当然あります。

 

副作用としては、

・倦怠感
・頭痛や吐き気
・神経障害
・腎臓障害
・鉄や銅欠乏症(貧血や神経障害、免疫障害等)
が考えられますし、あり得ないほどの大量の亜鉛(2gなど通常考えられないレベル)を一気に摂取した場合には、急性の中毒症状(嘔吐、めまい等)を発祥することもあります。

・亜鉛摂取量の耐容上限量(30~49歳):男性45mg/日、女性35mg/日

※データは、日本人の食事摂取基準(2015年版)P35によります。

 

しかし、亜鉛自体は毒性がかなり低いので、長期間にわたり過剰量を摂取しなければ、まず副作用を考える必要がないとも言えるのです。

 

大体成人男性で1日あたり10mg前後が摂取の目安であり、許容量としては成人男性で40~45mgまでであれば、問題になるようなことはありません。

多くが吸収されずに排泄されるからです。

 

むしろ必要量よりは多めぐらいで、丁度良いと言え、亜鉛サプリなどに表記されている1日の摂取量を守っていれば間違いないのです。

 

結論としては、今まで見てきたように、亜鉛サプリは精力増強サプリとしては価格的にも、安全的にもかなり良質なものと言えます。但し、その効果を得るためには、長期的な服用と安定した必要量の服用が重要ということです。

 

性欲低下に良いからと亜鉛のとりすぎは注意が必要!

亜鉛を食品で取るなら、有名なのが牡蠣です。

亜鉛が取れる牡蠣

そのほかにも、胡麻・アーモンド・アワビなどから摂ることが出来ます。

 

牡蠣100gに含まれている亜鉛の量は13.2mgとのことで、推奨摂取量を摂ることができますが、調理方法でも亜鉛の量は減少しますし、毎日食べることができません。

 

亜鉛の特徴と亜鉛サプリでおすすめなのはこれ

亜鉛の特徴は適量を摂取する事で様々な効果の期待できる栄養素です。

 

免疫力を高める事め、風邪をひきづらくなったり、亜鉛の持つ抗酸化作用によって、体内で発生する活性酸素などによる、体内の酸化を防止して、身体の中から老化を防止できる為アンチエイジングの効果も期待できます。

 

亜鉛を正常に摂取する事はそれらの防止にも効果的です。

男性はもちろん、女性であっても適量摂取する事は身体にとってとても大切な事になります。

 

女性の場合には、女性ホルモンの増加や亜鉛がコラーゲンに働きかける事により、美肌効果などが期待できます。

また、女性ホルモンの増加により、ホルモンバランスを整え、不妊治療の一環としても利用されています。

 

特に女性の場合には年齢を重ねると、どうしても女性ホルモンは低下気味になり、それが元で様々な身体の不調に繋がる場合も多々あるので、特に年齢を重ねた女性に関しては意識的に亜鉛を摂取する事が望ましいと言えます。

 

しかし、現実的に亜鉛を食物だけで摂取する事は、継続的に多量の特定の物を食べる事になるので、難しいと考えられます。

 

なので、亜鉛を効果的かつ効率的に摂取する為に有効なのが亜鉛サプリです。

 

亜鉛サプリは現在では様々な物が市販されていますが、その中でも特におすすめなのが、マカ&クラチャイダム12000です。

マカ&クラチャイダム12000のメーカーサイト

 

おすすめする理由としては、コストパフォーマンスの面と、含有されている亜鉛が豊富という事!必須アミノ酸も豊富で今ではマカよりも精力アップとして多くの男性が活用しているクラチャイダムを摂ることが出来るのが最大の特徴と言えます。

 

もちろん精力剤の定番であるマカも摂れます。

 

更に男性ホルモンをアップする効果が期待できるトンカットアリも取れるので、、

・疲れていて夜には体力がなくなっている旦那さん
・年齢から性欲がない旦那さん
・そもそも性に貪欲でない旦那さん
におすすめのサプリメントです。

 

見た目は普通の栄養補助食品なので、旦那さんの体を気遣っているふりして、飲んでもらえますよ。

 

おすすめの記事